世界一豊かな国スイス

世界一豊かな国スイス
スイスにあるエイジングコスメの研究集団「BTCラボラトリー」と、株式会社ジャパンインペックスの共同開発によって産まれた「AIDAGE」。そして、スイス発祥の予防医学のもと、セラップ社が開発したエイジングケアの最高峰「セルコスメ」。世界的に見ても右に出るものはいない、スイスの深い洞察力と緻密さは美容分野にも根深く浸透しており、既にエイジングケアが成熟の域に達しているスイスの美容は、一流の美を追求する多くの女性たちが支持しています。
  • 国土面積 / 41,280k㎡(日本の約10分の1の面積)
  • 首  都 / ベルン
  • 人  口 / 808.1万人(2013年度データ)
  • 公 用 語 / ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語
  • 富裕層が最も多く暮らす国
    世界屈指の『金融センター』と呼ばれ、独自の効率的な金融システムが評価を集めているスイス。「スイスフランはゴールド(金)よりも堅い」とその経済安定性が評価されており、資産100万ドル以上の富裕層が世界で最も多く暮らす国としても知られています。
  • アルプスの大地が育む清らかな水
    「ヨーロッパの水がめ」と呼ばれるほどの年間降雨量があり、水資源の豊かな国として知られるスイス。起伏に富んだ大地に降り注ぐ雨が清らかな水を育み続けるため、スイスでは水道の蛇口から出る水も、川を流れる水も、湖の水も、ほぼ同質の“安全な水”と言われて世界最高水準の水質を誇っています。
  • ノーベル賞受賞者数は世界6位
    国土面積は日本の約10分の1、総人口は日本のわずか6%という小さな国でありながら、ノーベル賞の受賞者数は27名で世界6位にランクイン。世界中から様々な研究機関が集まるスイスは、優秀な研究者を輩出する環境が整った国でもあります。(※1901年~2014年までの統計/日本は世界7位)
  • 世界でいちばん長生きな国
    経済協力開発機構(OECD)が発表した長寿国ランキング(2013年)によると、世界の平均寿命が80歳なのに対し、スイスの平均寿命は82.8歳。自然に囲まれた豊かな環境と国民の幸福度の高さが長生きの秘訣と言われ、世界1位の長寿国となっています。(※日本の平均寿命は82.7歳で世界2位)
  • 世界一環境への配慮が高い国
    米国イェール大学とコロンビア大学の共同研究によって発表された『環境パフォーマンス指数(EPI)』の国別ランキング(2012年)において、スイスは世界で最も高い指数を示し、『環境への配慮が高い国、世界1位』であることがわかりました。(※日本は世界23位)
  • 公正な視点を持つことができる国
    スイスのジュネーブには世界保健機関(WHO)や世界貿易機関(WTO)といった25の国際機関があり、中でも22の機関が本部を設けています。その理由はスイスが『永世中立国』だから。政治的にも経済的にも中立な立場で公正な議論ができるため、世界の重要機関から活動拠点として選ばれているのです。
© 2011 Japan Impex,Nagoya,Japan